カーボンホイール「Prime BlackEdition 28」を購入・インプレ

PINARELLO RAZHA用にwiggleなどのオリジナルブランドPrimeのカーボンクリンチャーホイール「Prime BlackEdition 28」を購入したので取り付けとインプレッション

Prime BlackEditionについて

Primeのカーボンホイールについては下記にまとめました

今回購入したのは、BlackEditionの28mmリムハイトです。BlackEditionのほうがストレートプルであることと全体のデザインが落ち着いているのでBlackEditionを選択。

リムハイトはできるだけ快適な街乗りを目指すため最軽量の28mmとしました。高速巡航のメリットは自分に享受できなそうなこと、リムハイトが高いものに見栄え的な魅力を感じなかったからです。

Primeのカーボンホイール BlackEdition 28の取り付け

購入はwiggleで購入しました。結構すぐに到着。

Primeのロゴが印刷されたダンボールが届きました。軽い!!

内容物は予備のスポーク、カーボンリム用のブレーキシュー、クイックリリース、9-10S用のスペーサーなど。大体のロードバイクなどにはこれさえあれば装着出来る内容。

軽量。スポークはエアロ形状。Primeのロゴが小さく目立たない。リム部分のアップです。

フロントホイールのハブ部分(R010)、ストレートプルって美しい。ハブ部分にはブラックのPrimeというロゴが記載されている。

リアのホイール部分。作りは良いと思います。

ホイールの重量(実測値)

フロントホイールは613g。

リアホイールは807g。

  • フロントホイール:613g
  • リアホイール:807g
  • 合計:1,420g
  • 公式ではF:596g R:799g 合計:1,395g

若干公式よりも重量がありますが、誤差は+1.8%程度となっている。

ホイールの取り外し(SHIMANO RS010)

安価な完成車に装着されているSHIMANO RS010。フロントWH-RS010-CL-F(818g)、リアWH-RS010-CL-R(1,102g)を取り外す。今回はタイヤがほぼ新品状態なのでタイヤは再利用することに。チューブレスレディだが当面はチューブ入りで運用することにした。

実測は、フロントホイール:831g、リアホイール:1,129g、合計:1,960g。公称1,920gなので実測が+2%程度。

  • Prime BlackEdition 28:1,420g
  • Shimano RS010:1,960g
  • 540g(約28%)の軽量化!

鉄下駄なR010から流石のカーボンホイール。回転する部分の540gの軽量化は大きい。

思いもしなかったクイックリリースの重量差

フロントのShimano純正のクイックリリース:72g

フロントのPrime純正のクイックリリース:36g

リア側の写真は割愛しますが、Shimano純正が77g。Prime純正が39gでした。

  • Shimano純正クイックリリース(前後):149g
  • Prime純正クイックリリース(前後):75g
  • 74g(約50%)の軽量化

クイックリリースは強度があったほうがダイレクト感が増すので良いと思いますが、軽量化を選びPrimeのクイックリリースを採用することにしました。

タイヤの取付

タイヤレバーを利用して旧ホイールから取り外し。3本のタイヤレバーでガシガシ外します。Prime BlackEditionの取り付けは手だけでは無理だったのでタイヤレバーを利用しながら取り付けました。カーボンホイールということで無理な力を入れないように。

ブレーキのシューを付属のカーボンリム用のものに交換して終了です。RS010も比較的リムハイトが高めなのでチューブのバルブはそのままで利用できました。空気をいれると若干パキッという音がしますが無事に取り付け完了。

Prime BlackEdition 28のインプレッション

機材の違いに比較的鈍感ですが漕ぎ出しが非常に軽くなりました。よく表現される巡航でのギアの段数を上げられる(重く出来る)というのが体感できました。急加速をしたときに少し負荷が抜けるようなよく回転するホイールだと思った。

カーボンリム特有のブレーキ音がきゅるきゅるなりますがそこまで制動に課題がある感じはしません。

交換後にフロントに荷重をかけると「コッ」と音がするようになりクイックリリースなどをShimano純正にしたり組み付けのトルクを上げたりしたが解消せず。細かく探っていくとフロントフォークから鳴っていてヘッドをばらして組み付けなおすと解消した。

値段も10万円を切り、40%オフで73,000円になっています(執筆時73,000円、購入時より安い…)お手軽にカーボンホイールを使って見るにはとても良いと思います。

重量はホイールとクイックリリースで合計614gの軽量化。

この記事を書いた人

アバター

hey

飽き性で色々なことに手を出しています。食べ歩きと買い物が趣味です。