英式バルブを米式バルブに変換して空気圧を計測できるようにする

シティサイクル(ママチャリ)に多い英式バルブ(空気を入れる部分)。比較的安価な自転車は英式バルブになっている。英式バルブだと空気圧が正しく計測できず空気圧コントロールを指に頼るしか無い。英式バルブを米式バルブに変換。

米式バルブに変換するメリット

英式バルブの画像
ロードバイクやスポーツ車に乗っている人からすると懐かしい英式バルブ
  • 適正な空気圧を入れることができる(指の感覚だと大体空気が少ないと思う)
  • ロードバイクやクロスバイクに乗っている場合は、空気入れをそれなりのグレードにしているが、英式バルブはアダプターを利用しないといけない、もしくは付属していない
  • 英式バルブ用の空気入れは選択肢が少ない?

英式→米式バルブ変換アダプター

英式→米式変換アダプター

Panaracer(パナレーサー) エアチェックアダプター [2個セット] 2個セット 英式から米式バルブ変換 ACA-2

英式バルブを米式バルブに変換するアダプター。自動車のタイやなどは米式ですね。パナレーサーからいい商品があるなじゃない。お値段は500円程度。amazon.co.jpだと残念ながらあわせ買い対象商品。何かと一緒に合わせて買いたい。

せっかくならばパナレーサーの空気圧ゲージ付きの安いフロアポップなどと一緒に買ってもいいと思います。

おすすめは「Panaracer ゲージ付フロアポンプ」お値段2500円程度のゲージ付きフロアポンプです。空気の入る量も多くてよい。他については下記の記事を参考にしてください。パナレーサーのワンタッチ式はかなり便利です。

英式→米式バルブ変換アダプター取り付け

英式バルブを取り外す

英式バルブを取り外す。右から外した順番です。バルブを外すときタイヤの空気圧が高いと一気に空気が抜けますので注意してください。この虫ゴム(黒い長いゴム)がよく劣化で空気漏れするんですよね。

英式バルブと米式バルブ

取り付ける米式バルブ。金色のバルブを付けて、銀色のカバーを手で回らなくなるまで付けます。

米式バルブアダプターの取り付け後

米式バルブになりました。もう少し高さを抑えてくれると嬉しいが。このタイヤは20インチのタイヤですが、16インチだと空気を入れるときスポークが邪魔そう。

せっかくなので適正空気圧へ。このタイヤは4.5barが規定量(最大)のようなので4bar強を入れる。ちゃんと空気圧を管理できるのはよい!この空気圧だと抜けるのも遅いとはおもうが空気圧管理がしやすくなった。自分の指の感覚よりは信頼がおけるし。

この記事で紹介している商品

この記事を書いた人

アバター

hey

飽き性で色々なことに手を出しています。食べ歩きと買い物が趣味です。