ビッグモーターで実際に車を売却してみた | 口コミと評判

自分が乗っている自動車をビッグモーターで売却してみました。実際に売却してみたレポートを口コミと評判として記載しています。高く売る方法も。

ビッグモーターって?評判は?

中古車買い取りの口コミや評判をみると、営業マンの対応が悪い話や強引な売却営業、値付けの話など色々な口コミや評判があるが、全国展開している大手に関してはきちんとマニュアル化されていて対応は良かった。

今回はガリバーとビッグモーターの営業マンと会話をしたが双方とても心象は良かった。個人の問題で対応が悪い人がいるので担当営業マンの当たりハズレはあるがコールセンターの対応含め良かった。

できるだけ高く売却するために、複数査定、一括査定

私は中古車販売店で働いたことも業界にいたこともないが、自動車はオークションや中古車販売メディア(カーセンサーやGoo)などがありある程度の相場ができている。

それでも車種や価格帯での得意不得意、OPの評価、そのエリアでの競合状況や人気車種などによって買取価格は変わってくる。複数社の一括査定は行ったほうが良い。ただしデメリットとしては営業電話が結構鳴り止まなかったりする。

一括査定のデメリット

一括査定なのですべての業者とは同じく立ち会いの査定などは難しく、一同に介して査定会みたいなこともできなくはないし、一番高い金額を引き出せる可能性があるが意外と最初にコンタクトが取れた数社の中から選んでしまうことが多いように思える。

今回の自分の売却では一括査定を使っておらず、話をしたところはディーラー、ビッグモーター、アップルで、実車の査定はビッグモーターのみでした。想定した価格を引き出せなかったら複数社で査定を実施する予定だったが、希望価格を提示してもらえたので1社で終わった。ディーラーは下取りではなく厳しそうだった。

実際にビッグモーターで売却するまでの流れと交渉など

ビッグモーターの公式ホームページの問い合わせフォームから簡易情報を入れて問い合わせボタンを押した瞬間に電話がかかってきた。これ多分問い合わせボタンを押した瞬間にシステムが架電して強制的にオペレーターに回っているのだろう。

一括請求の場合は、どれだけ他の業者より早くコンタクトを取れるかが勝負なのだろうけれども、WEBで情報入力して問い合わせした瞬間に電話がかかってきたのにはびっくりした。

コールセンターの人に足りない情報を聞かれてすぐに実車確認と査定をしたいという申し出。トークは「珍しい車種なので情報が少なく実車を確認させてもらいたい」だった。多分車種によってトークスクリプトは違うのだろうけれども複数業者で査定を行う前提だろうから、いかに早く直接伺うということが大事なのだろう。

「今日、今から行きます、30分くらいで」ということだったので来てもらうことにした。すぐに担当店舗の営業マンから連絡が入って向かうとのこと。すでに暗くなってからだが、最初相場表的なものを見せられ大体の金額感を伝えられる。期待値醸成だろうか。

その後、スマホで写真を撮影しながら買取のチェックシート的なものを記入していって、最終的には本部?で確認をして買取価格を算出しているらしい。これは本当かどうかわからないし、営業マンにどこまで裁量があるかわからないが、基本は本部がOKを出す必要があるそうで。

1回目で出てきた金額は、相場表では150-160万程度(走行距離3万kmくらいだった気がする)。査定金額は170万程度(走行距離1.4万Km、DOPのエアロやホイール、ナビ、オーディオ、バックカメラなど装着済み)だった。相場通りの金額でオプションはほぼ加味されていないという感じがした。

車を高く売るための売却金額の交渉

事前に相場を調べていて、販売価格がカーセンサーなどでグレード、走行距離で調べると290〜320万くらいだった。ネットなどを見ると利益率80%くらい?と記載があるが仕入れは70%程度が限界だろうと勝手に想定して300万x0.7=210万を想定金額としていた。もともといくらだったら売るかをちゃんと持っていたほうがお互い気持ちよく取引ができるのと、無用な細かい金額交渉などを省略できる(Win-Win)

「200万円超えてほしいんですよね」と査定額170万に対して提示するも、厳しい。がんばれて190万が限界とのこと。では売れないがなにか条件飲めますよということで「できるだけ早く決めてもらえれば、できれば今日持ち帰りできればがんばれます」という話をすることができた。ガツガツ来る感じはする。

「今日は厳しいが、明後日ならばよい。210万が希望なんだけれどもそれを出してくれるなら他の業者とは会話せず明後日に引き渡す」ということで調整してもらい査定額として210万を提示してもらい無事に交渉終了。

時期が9月で上期決算の時期だった(営業マンの個人業績も9月末か?)、2月3月ほどではないがやや繁忙期ということもあり、交渉がしやすかったようにも思える。赤字では困るだろうが利益率が小さくとも競合に取られないようにしたいはず。希望金額を伝えて条件をできる限り飲むという交渉でした。

高く売るコツは1円で高い金額で売りたいというのはあるが、予め満足できるゴールを設定しておくと良いと思う。もしかしたら本当はもっと高く売れる可能性があるかもしれないが、あとはかける手間やお互い気持ちよく取引ができるかだろうか。

大体店舗での対応は5-10分で終了。忘れ物チェック等でトイレ借りたら終わっていた。鍵を引き渡し終了。

2日後、当日だったら営業マンがそのまま乗って帰るようだがそれ以外だと車を持っていく必要があるそうです。もしくはコストをかけて陸送。公共機関が使える場所にお店があったので自走で持っていきました。

気になったところ

車検の残りは?

長く残っている方が、残っていないよりは絶対よいだろう。ただし車検の残りはあんまり関係なさそうだった。流石に車検が切れると陸送(車を移動させる)のが難しくなるが、自分の場合は残り初回車検まで1ヶ月半だったが残りの期間で査定に大きく響いている感じではなかった。

洗車や室内清掃はしたほうが良いか?

きれいな方が、印象も良くなりよいだろう。ただし洗車がしていなくとも査定額には響きませんとのことだった。主に傷や装備をチェックしてポイントを漬けている感じで営業マンの心象には影響する可能性はあるが、今回受けた査定の感じだとほとんど関係なさそうだった。販売する前にどうせ洗車や室内清掃は実施するだろうし。

繁忙期は高く売れそうか?

中古車業界は2月3月が年度が変わるタイミングで繁忙期のようだ。その時期に手短に交渉をして売却をすることができると高値で売れるかも

最終的な満足度(口コミとして)

営業マンは明るくて非常によかった。売却価格は当初想定通りで売却できたのはよかった。新車で購入して初回車検直前、まだ1.4万Kmしか走っていないのでもったいなかったのと、購入時の価格から比べると半額以下でやはり年数が浅いと価格下落率が高いというのが残念だった。

もう少し長く乗ってあげたかったし、まだ初回車検前で走行距離も少なくもったいない感じがした、引越しを伴う生活環境の変化でしかたがない。愛着のあるものを手放すのは寂しかったです。

あと売却自体は交渉含めて楽しめました。

この記事を書いた人

アバター

hey

飽き性で色々なことに手を出しています。食べ歩きと買い物が趣味です。